難 民 チ ャ ン プ

漫画家うめのサイト。
『大東京トイボックス』とか『南国トムソーヤ』とか『スティーブズ』とか『きょくまん』とか描いてます。
『風の歌を聴け』書評
以下の文章は、米光一成氏「読みのレッスン」講座の課題『風の歌を聴け』(村上春樹)で書いた文章です。
ユリイカくん(@yuriikaramo)主催の「twitter読書会」向けにアップ。まー、興味ある人は読んでくれて、そうじゃない人はスルーってことで。
「2」「30」「31」ってのは、この小説の中の2章、30章、31章のことね。<観察>ってのは客観的事実、くらいの意味で受けとってください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この話は1970年の8月8日に始まり、18日後、つまり同じ年の8月26日に終る。

これがこの小説のルール。
ラジオ番組が土曜日である点などから、客観的に日付が求められる章をカレンダーに落し込む。すると、図表[1970_08a]のようになる。9月まで食い込んでしまい、大幅にルールからずれている。

図表[1970_08a](新規ウィンドウで開くで拡大)


もう一度、2を〈観察〉だけで読む。2は村上春樹が書いた文章ではなく、村上春樹が作った「僕」が書いた文章だ。つまり8/8〜8/26の期間に起きたことだけが、主人公である「僕」が書いた「話」であるということ。それ以外は「村上春樹」が書いた「僕」の物語だ。

じゃあ「鼠」という存在はなんなのか?
ここで物語的直感。「僕=鼠」なんじゃないか。
その視点で読んでみると、鼠が僕以外の人間と話しているシーンはない。僕がジェイに「猿」の話をふったとき、となりに鼠がいるのに、鼠にはいっさいふれずに、僕とジェイの関係性に喩えている。彼女が僕の電話番号を聞いたときも、モリエールを読んでいる背の高いちょっと変わった人としか書かれていない。
そして再び物語的直感。「鼠」パートのみがルールに従った「話」だとしたら。
ここで、僕と鼠が直接会った最後のシーンを、ルールに従って8月26日と仮定してみた。鼠が登場する章だけをカレンダーに落し込むと図表[1970_08b]になる。

図表[1970_08b](新規ウィンドウで開くで拡大)


それに、それ以外のパート(以降、現実パートと呼ぶ)を鼠パートと切り離して、再配置すると図表[1970_08c]となる。すると全てが8月中に収まる話となる。

図表[1970_08c](新規ウィンドウで開くで拡大)


「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」を思い出した。あれも章ごとに、2つの別々の世界を書いていた。ときには互いの世界の出来事がシンクロしていたり。「海辺のカフカ」もそうだった。ベートーベンのレコードや、ジョン・F・ケネディの話がそれにあたる。
30に「僕は心に思うことの半分しか口に出すまいと決心した」、そして「思っていることの半分しか語ることのできない人間」になったとある。その失われた半身が「鼠」だ。だから31で「悟り切った」意見を言う僕に鼠が真剣に言う。
「嘘だと言ってくれないか?」
そして僕は、話を書きはじめたのだ。

図表[まとめ](クリックで拡大)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
原稿中なので、雑な仕事でもうしわけないです。
質問等は
@ume_nanminchamp #tw_dokusyokai 
で。
できるかぎり答えるけれど、できなかったらごめんー。
| 世間話 | 21:52 |
あけましておめでとうございます 2010
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

去年は、原稿を描いた枚数は例年とほぼ変わらないものの、単行本は1冊しか出せませんでした。単にトイボの本がまとまるのが7ヶ月周期(連載6話&特別編1話)なので、そのタイミングの関係だったりするのですが、ちょっとさみしい。今年は、トイボだけで2冊は出る予定。もう1冊くらいなんか出したいけど、育児とのバランスを考えると(2歳児は手間がかかる)、あと1年くらいは仕方ないのか、秘策があるのか。

ただ(←言い訳くさいな!)去年はトイボ以外がいろいろありました。
・NHK『マンガノゲンバ』出演
・WEBラジオ『アップルクリップ』出演
・トークイベント『デジタルな夢でメシを食うためにぼくらは!2.0』出演
・MacPeople『マンガのけもの道』連載
・NPOコトバノアトリエ主催『アシスタント力講座』講師
・文芸同人誌『bnkr』vol1&2
・タタツシンイチ『九十 九81悪剣傳』装丁画
・笹生陽子『世界がぼくを笑っても』装丁画

あと実はこっそり新連載も。
・『きょくまん』(国立極地研究所広報誌「極」連載)

『マンガノゲンバ』『アップリクリップ』『デジタルな夢で〜』『マンガのけもの道』では、デジタルで漫画を描くことについて、いろいろまとめました。とはいえ、またいくつか新しい技術を身につけたり、開発したりしたので、それはいつかまとめたい。別ブログでも作る? またどこか連載させてくれないかなー。(原作以外の文章のお仕事募集中)

『アシスタント力講座』は、ほとんど漫画家さんのところで通用するアシスタント力を身につけるための講座です。そのためには技術うんぬんを身につけるより、その現場で、必要な技術は何かを見極め、身につける、ためのいくつかのテクニックを教えました。講師の仕事は自分の考えをまとめることによって、さらに先に進めるのがおもしろいね。どこかでさらに進化した形でこの手の講座はやりたいです。ただアシスタント力と言いつつ、半分くらいは、新人漫画養成講座だったかも。実際、その講座のあと、新人賞入選した子もでたし。おめでとう、金崎さん! この話はまた詳しく。
『bnkr』は、お友達たちとやってる文芸同人誌。大塚英志氏の物語作成練習をいろいろ実践、実験してます。vol2は、売上下がるだろ、と思っていたら、まさかまさかの売上倍増。この調子で行くと10年後には1億冊くらい売れそうです。
装丁画も2つ、描かせていただきました。一枚絵は苦手意識があるので、及び腰だったりもするのですが、こうしてお声をかけていただけるのはうれしいかぎり。おかげで一枚絵と漫画の違いがどこにあるのかが明確にわかって、少しはマシになってきました。
『きょくまん』は、国立極地研究所の広報誌「極」での2ページ連載。南極越冬隊の過去の様々なエピソードをマンガにしてます。バックナンバー含めオンラインで読めるのでぜひ(コチラ)。最新話は、南極史上、もっとも認知度が高そうなタロ、ジロの話。『南極物語』とはひと味違うはず、たぶん。

長くなったのでこの辺で。
とりあえず告知モノとか、電子出版の話とか、まだまだ書きたいことはあるけれど、また今度。そうそう、twitterで「今年の目標は電子出版」と書いたら、翌日、速攻、アマゾンにフォローされました。けどつぶやきが全部英語なので、なに言ってんだかわからんちん。はやく日本語対応してくれろ、アマゾンさん。
| 世間話 | 12:10 |
漫画家はなぜ先生と呼ばれるのか
サイドバーを整理して、リンクにごはん友達の漫画家・青木幸子さんのブログ「うろうろゆらゆら」を追加。まー、とにかくおいしそうな写真がたくさん出てくるブログなので、食いしん坊は、ぜひ。いろいろな現場を渡り歩いているベテランアシスタントたちが「まかないがいちばんおいしい現場」と口を揃えてます。
ブリの70センチほどのいい半身が手に入って照り焼きをつくろうと思うが切り身にするのが面倒くさい。40センチほど切った身をまるごとグリルパンで皮から焼く。
それもう、まかないじゃないから! 青木さんちの子になるヨ!


しばらく前の青木さんのブログに「先生」という記事がありました。
「先生」と、漫画家に転職してからたまに呼ばれる事がある。
いまどきは、漫画家に対して、名前にさんづけ、という編集さんが多いです。でもまれに「先生」と呼ばれることがあって、たしかにそのときには、ある種の居心地の悪さを感じます。ただこんな場合もあるみたいで、モーニングの先々代の編集長が言ってたのは
「パーティで、一度や二度会っただけじゃ、漫画家だってことは覚えていられても、名前なんていちいち覚えてられない。だから『先生』っていっときゃカドが立たないんですよ」
ナイス大人力。これも大人語なんだな、と思えば、「ハイハイ」と愛想のひとつも振りまけるってもんです。
ちなみに何人かのアシスタントに聞いたところ、職場によっては、漫画家を「先生」と呼んでいる職場もあるみたい。ただ印象としては限りなく「センセ」に近くて、それはようするにあだ名?

ちなみに小説家の長嶋有さんにこの話をしたところ「小説家はねえ、昔はほんとに『学校の先生』だったからね、夏目漱石とか森鴎外とか。そのときの名残」と教えてくれました。へー。
| 世間話 | 02:24 |
コルシカ騒動
コルシカ騒動がおもしろい。
そして、コルシカ騒動をtwitterで追っかけてるのがおもしろい。
ネーム〜作画進行中なので、ROMなのが残念だけど。
興味のある人は#Corseka

コルシカというのは、昨日始まったオンライン雑誌販売サービス。
特徴は、デジタルデータを売ってくれるということ。
希望者には、別途送料を払えば、実際の雑誌を送ってくれるらしい。
ユーザとしては、大変便利なサービス。ぜひ利用したい、とも思う。いっそPDFで検索できるようにしてほしい。ところが、これ、各雑誌にまったくの許諾なしにやってることが発覚。法的には、グレーじゃなくブラックだよね?

第三十条 著作権の目的となつている著作物(以下この款において単に「著作物」という。)は、個人的に又は家庭内その他これに準ずる限られた範囲内において使用すること(以下「私的使用」という。)を目的とするときは、次に掲げる場合を除き、その使用する者が複製することができる。


複製するのはコルシカの人で、購入者じゃないもんなあ。
あれ? でもそうなると国会図書館のコピーサービスもブラック? おじさんがコピーしてくれるよね。あれは全体の何%までとかだから、いいの? わからん。
詳しい人いたら教えてください。

関連サイト
Corseka(コルシカ)|公式

雑誌屋かあさんの毎日|Corseka騒動まとめ
出版の黒船か海賊か「Corseka(コルシカ)」騒動 twitterリポート|こどものもうそう
雑誌販売サイト「コルシカ」開始--出版社からは「著作権の侵害」の声も|CNET Japan


追記
ただ法務担当がいないほど、小さな会社じゃないだろうから、この程度の指摘はとうぜんわかっているはずで、おそらく確信犯(犯?)なんだとは思う。
| 世間話 | 09:51 |
外伝! セカイカメラを使っていたら、職質されたなうw
先日書いた記事『詳報! セカイカメラを使っていたら、職質されたなうw』、ずいぶん多くのアクセスをいただきました。うれしいやら、はずかしいやら、はてブもずいぶんついて、ありがとうございます。

コメント欄で、ご指摘いただきました「おまわりさんの肖像権」について、ちょっとだけ。
どうやらざっとググったかぎりでは「公務中の警察官に肖像権はない」という具体的な根拠になりそうな、法律や判例は見つけられませんでした。(「名誉毀損?」といった話はありました)
ただ、なにせネーム中の時間的、精神的余裕がない漫画家が、ネットでちょろちょろと調べた範囲なので、具体的なソースをご存知の方がいたら、教えてください。

それとは別に先日のおまわりさんは、ご自身が写真を撮られたことを気にされていた、と思っていたのですが、もう少し一般論として、最近、そういうトラブルが多いから気をつけてね、という話だったのかも、ともあとから思いました。

そういえば、前も、取材中に職質されてます。
サミットに参加


自分が10代だったころに比べると、ずいぶん職質ってマイルドになった気がします。大人になったからか、それともそういう風に警察が変わってきたのかはわかりませんが。

>警察は制服を着たヤクザ
気持ちはわかりますw
昔、知人が行方不明になって、捜索願だしたら、実は逮捕されてた、なんてことがありました。
(基本的には本人が希望すれば、連絡できるはずだけど、そのときはいろいろ事情があってー)
ただリアルヤクザに絡まれるとなかなか面倒です。昔(偶然)ヤクザ屋さんの写真撮っちゃったことがあって、それはそれはもう大変でした。あの人たち、ほんとうに「ちょっと事務所まで来いや」とか言い出すんですよ、ドラマみたいに。あのときほど、交番が恋しかったことはありません。
| 世間話 | 12:58 |
詳報! セカイカメラを使っていたら、職質されたなうw
今日、iPhoneのセカイカメラを使ってたら、職質されました。

片道3車線な某国道沿いの交差点。
iPhoneを目の高さにかまえ、エアタグを探し、ひとりキョロキョロ。ふと振り返ったところ、iPhoneのモニタ越しにおまわりさんと目が合って、まー、目が合っちゃったもんは、無視するのもなんだし、会釈ぐらいしとこうかと、軽く頭を下げて、そのまま別の方向を向いたところ、やっぱり来ました、背後から「それー、カメラですか?」

まーねー、セカイカメラはおろか、iPhoneだって、まだまだ世間の認知度はそんなに高くないわけで、どう説明したもんか、思案すること0.5秒。とりあえず質問にはまっすぐに答えようという方針を決めて「まー、カメラつきケータイです」
しかしおまわりさん、納得がいかないご様子。ここはひとつ、なんとかiPhoneの説明で切り抜けたかったのですが。
「いや、えーとそうじゃなくて今、写真撮ってましたよね?」
あー、やっぱり、ご自身の肖像権を主張してらっしゃる。
「いえ、写真は撮ってませんよ」
いくら日本のおまわりさんが優秀だといっても、iPhoneの最新トレンドに詳しい、ということは、どうにも考えにくく、カメラつきケータイのレンズ越しに世の中を見てましたといっても、そうそう納得はしてくれそうにない。
「最近、勝手に撮る人が多くてねー」
そうかー、鼻くそほじってた、とか目線も入れずにブログとかにアップされちゃって、始末書とか、ありそうありそう(笑) かといって、カメラロールを見せたところで、iPhoneのタッチパネルなんて、いじったことない人からすれば、なんだかテキトーにごまかしているようにしか見えないかもしれないし、そうなるとますますややこしそう。
よし、わかったよ、覚悟決めて説明するよ、セカイカメラ。パッパといじってセカイカメラをオン。
「ちょっと見てもらえます? これ、セカイカメラっていうiPhoneアプリで、拡張現実、通称ARという技術を使って、エアタグと呼ばれるデジタルの付箋を現実世界に貼付ける技術で、ここにも国道○○号線ってホラ!」
「いや写真撮ってないならいいんです……ほんと」
逃げ腰ながらも、どうやらご理解いただけた様子。よかった。ただ、いささか一気に説明しすぎてしまった感があったので、最後にまとめておきました。
「まー、ようするにインターネットのあたらしいのです」
「あ……はあ」
「じゃどうもー」
再びニッコリ会釈をして、青信号を渡りました。さすがに手は挙げませんでしたが。

手前味噌で恐縮ですが、そういや、拙著『大東京トイボックス4』で仙水が言ってましたね。


| 世間話 | 23:05 |
デジメシ2.0終了
デジメシ2.0、おかげさまで無事終了しました。雨の中、ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。立ち見も出る盛況っぷりに一同たいへん感激しております。

米光さんは、pukiwikiGRIDYを使った、携帯ゲーム制作を。
republicくんは、ブログやネットを使って同人誌を作って売るまでの苦労と葛藤を。
小沢は、自己紹介では、処女作初公開から、断筆していた過去、そして復活まで。実制作編では、デジタル入稿の概略と以下のアプリを紹介しました。

■Bento



■SketchUp



GRIDYは、気になる、憧れる。導入してみようか。アシスタント、編集者も含めて導入するとメリットがあるかも。それとビックらなニュースだったのが、あのぷよぷよの米光一成が、いまここに新たな落ちゲーを発表! ってのは驚いた。あと、もっとサクラを、口コミを!
Repabulicくんの、ネットでつながった仲間と作ったモノは、リアルな同人誌だった、という結論はなかなか根深くて面白い。機会があったら、もっとほじくりたい! 季刊クリルタイ4.0に期待。
その後は質疑応答? というか、あまり話し手と聞き手の区別なくみんなでトーク。Skype話がバリエーションがいろいろで楽しかった。映像チャットなら下半身むき出しでもバレない。

トークショウ終了後、そのまま飲み会。
「来れる人はぜひー」と、その場で声をかけたにも関わらず、ほとんどの人が来てくれたというすばらしい展開。席が狭くてご迷惑おかけしましたが(35人で予約してたのだけれどそれでも狭かったよ!)、たいへん楽しかったです。
前にサイン会に来てくれた人(見覚えあると思ったら!)、わざわざ京都から来てくれた人、ゲーム作っている人、ゲーム業界に入りたい人、漫画家になりたい人、漫画の編集をしている人、最近、漫画編集者になった人、他の業界だけど、トイボ読んで、同じだと思ってくれた人などなど。あちこちで座ができて盛り上がって、出会いがあって、知らぬ間に新規プロジェクトが立ち上がりそうな予感。うれしい。

帰りの道すがら、米光さんと話をしていて(最寄り駅がいっしょなのだ)、楽しかったね、またやろうね、という話に。やろー!

そうそう、何人かの方に「しゃべりなれてますね」と言われたけれど、この規模の講義は初めてです、ほんとに。(10人とか相手ならあるけれど、もっと短時間で)
とりたてて緊張はしなかったのに、それでも翌日は、ぐったりして身動きできず。ふ、二日酔いなんかじゃないからね!
| 世間話 | 22:41 |
再開
再開しまーす。
休止と再開の理由は、1200字くらいあるけど、そんなおもしろ話ではないので略。


| 世間話 | 09:52 |
真夏の夜の動物園
今年も上野動物園の「真夏の夜の動物園」に行ってきました。



不忍池ほとりに特設のビアガーデンができてました。
写真のぬいぐるみは、カエルのハンドパペット。園内のミュージアムショップで購入。そこそこの大きさがあり、またリアルな声で鳴いたりもするので、なかなか楽しい一品。今年は「国際カエル年」ということで、カエルグッズが充実。ヤドクガエルのフィギュアがついたボールペンも入手。

動物園は、子供のころから好きだったけれど、特にここ数年は、年間パスポートを買うほどに、よく行ってます。それは動物園漫画を描こうと思って、取材に行ったのがきっかけ。象の1日飼育員とかやらせていただいて、それはそれは楽しい取材でした。
とはいえ、描こうと思ってたのは、「動物を檻から解放せよ」というエコテロリストと戦う武装飼育員の日常、というバトル動物園もの。こう書くと、なんじゃそりゃ、ですが。ほのぼのしたハートウォームな物語を求めるクライアントと意向があわず、なんとなく立ち消えに。そりゃまあ、そうだ。
今でも描いてみたい気はあるのだけれど、もう似たようなノリで『図書館戦争』があるしなー。なにか新しい切り口が思いつけば、やるかも、やらないかも。
| 世間話 | 10:36 |
夏のイベント
現在、大トイボ17話目を作画中。
どうにもこうにも今回は、アシスタントが集まらないと思ったら、アレか、コミケかー。
みんな、そうならそうと言ってくれればいいのに!
てっきりお盆でみんな帰っているのかと思った。

とはいえ、ウチもこそーりと参加したりしてるのでぜひ♪



大東京トイボックス外伝『アオイモモ』(2P)を描いてるよー。
| 世間話 | 11:48 |
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE