難 民 チ ャ ン プ

漫画家うめのサイト。
『大東京トイボックス』とか『南国トムソーヤ』とか『スティーブズ』とか『きょくまん』とか描いてます。
補足! ウチのマンガノゲンバ
昨日の記事、若干こちらの意図と違うように伝わっていることがあるように感じたので、補足説明。妹尾の絵柄に関するディレクタさんとのやりとりは、「ウチでもこんなヤラセを強要されたぜ!」という告発じゃないよ。

基本的にドキュメンタリというのは、(乱暴な言い方だけれど)事実をそのまま伝えるモノではありません。制作者サイドがどう対象を観察したか、というモノです。だから同じ対象を撮っても、フレデリック・ワイズマンか、マイケル・ムーアかでぜんぜん違う(はず)。そこに必ず制作者の意志が介在する、しちゃう。たちが悪いとプロパガンダなんてモノも作れちゃう。それがドキュメンタリです。
たとえば、三脚を使わず、ハンディカメラを使うだけでも、そこには制作者の意志が介在しています。ハンディの手ぶれた映像のほうが、我々は臨場感を感じます。プロは当然そういう効果を当然意識して作ってる。
文章だって、句読点や、改行の、位置で、ずいぶん、印象、変わる、でしょ。話がそれるけど、ブレアウィッチプロジェクトは、それを逆手に取った好例ね。

そんなわけで、制作者サイドが、事前取材を元に、ある程度ストーリーを想定してくること自体は自然だと思います。限られた取材時間、撮影時間で、ちゃんと視聴者に伝わるものを作るために必要不可欠。逆にストーリーもなく「仕事中、ずーっとカメラをまわします」なんてことになったら、それこそ仕事になりません。
民放キー局につとめている何人かの友達に取材のことを話しました。そのとき共通して言っていたのは「やっぱりNHKは金がある」というの類いのこと。17分の放送時間に対し、事前取材を入れると、10数時間の時間をかけているのは、やっぱり丁寧な仕事だと思います。ある友達は「深夜でしょ? ウチだったら1時間も素材があれば、なんとかしちゃうかも」だって。(まー、友達の話なんで、ソースとしてはゆるい。流用に要注意)

唐沢さんもそのあたりのことは、当然ご理解されているはずで、要するに程度の問題、ということになんだと思います。現場にいたわけではないので、なにがあったのか正直なところは、わかりません。ただヤラセと演出の境みたいな朝ナマな議論はめんどくさいし、そしてたぶん不毛なように思います。
個人的には、放送が中止になって残念、唐沢さんもウチと同じく、お二人で描かれているので、ぜひ見てみたかった、といったところです。

もちろん昨日のウチの記事を読んで「マスゴミ!」とか思う気持ちもわからなくは、ありません。たしかにそう思って読めば読めなくないなと、あとから気づきました。いまテレビ屋さんがつらいのは「テレビの伝えてることは、すべて真実です」って、テレビが昔から言い続けてきちゃったからだよなー、と思ってます。

『ちゃぶだいケンタ』のヤラセ番組編で、ディレクタの須田ちゃん(トイボの須田ちゃんの兄弟だ!)は言ってます。

「ヤラセの暴露番組?
 そらそこまで開き直ったら数字とれまっしゃろけどなァ。
 ワシがホンマに見せたいモンは……一人の少年が汗水たらして健気に働く姿なんですわ。
 他ん部分は差しかえ覚悟しとります。
 けどガキの部分だけは譲れません!!」

テレビもマンガも、作り手の根っこの部分はいっしょで、ある伝えたい思いがあって、その核だけはホンマにホンマの真実で、それをどうやって伝えられるか、それがすんごく難しい。その辺のジレンマは『ちゃぶだいケンタ』に詳しく!(←しつこい)

 

とかキレイにまとめたものの、気になるね、コミックビーム!
やっぱり漫画家怒らすと何がアレって、漫画にされちゃうことだよなー、と自分を棚に上げて言っておきます。今日、原稿あがったら、買いに行く!
| ちゃぶだいケンタ | 11:59 |
激白! ウチのマンガノゲンバ
『マンガノゲンバの件』(からまんブログ)
『漫画家がNHKの「ほんっと〜に不愉快!」な対応に取材拒否! 真相を語る』(ガジェッド通信)


以前、ウチも出演させていただいたマンガノゲンバ。
その取材を受けられていた唐沢なをきさんが、取材拒否をされたそうです。どうやら、インタビューが誘導尋問的で、制作サイドがあらかじめ描いたストーリーにあてはめようとする、という姿勢に耐えられない、のが原因だった様子。

なんで漫画の内容にからむようなことまで、言われなくちゃならないの? テレビ番組のために、なをさんの漫画の内容を変えろというのでしょうか。(からまんブログより引用)

が事実だとしたら、たしかにそりゃひどい。怒るのもいたしかたなしです。
ウチでは、こんなやりとりがありました。

ディレクタ「小沢さんは、はじめて妹尾さんの絵を見られてどう思われましたか?」
小沢「古くさい絵柄だなと思いました」
ディレクタ「才能を感じたとか、そういうことはありませんでしたか?」
小沢「ありません」
ディレクタさん、苦笑しつつ
ディレクタ「そういうふうにはなりませんよね? ウフフ」
小沢も苦笑しつつ
小沢「なりませんね。そうだとわかりやすい美談ですけどね ウフフ」


先方から「テレビなので、わかりやすいストーリーにまとめたいです」という、それこそわかりやすい姿勢は伝わってきましたが、それをたいしたプレッシャーに感じなかったのは、コチラも負けじと苦笑してたからかもしれません。(あと、ウチの制作スタイルが独特なので、その説明が取材の中心だった、ということもあると思う)

ちなみにウチの打ち合わせシーンは、再現です。
再現ですが、シナリオは渡されてません。 即興でそれっぽいこと(2、3日前の実際にした打ち合わせのリプレイ)を演じました。
撮影終了後、ディレクタさんに (演技には見えなかったという意味で)
「今のは、本気の打ち合わせですか?」 と言わせたので、まー、ウチの勝ちだ(何かに)

そうそう、この件に関してネットで「これだからNHKは」的な意見を見かけますが、この手の過剰演出に関しては、民放のほうがはるかに激しいと思います。
以前、某ドキュメント番組で、アシスタントの実家が登場したことがあります。暴れん坊な息子と向き合って、家業を手伝わせ、社会復帰させて、みたいなわかりやすい感動ストーリー。ところが、実際には、この息子、子供でもなんてもなく、タレント事務所所属のタレントさん。脚本も全て用意されており、アシスタントは「ドラマの撮影みたい」と言ってました。
このエピソードをモデルに書いたのが、拙著『ちゃぶだいケンタ』の「ヤラセ番組編」です。

 

結局、宣伝かよ! といわずにぜひ。ニセ息子のほかにもテレビのドキュメント取材のニヤリな実態が満載です。そうそう、ちなみに、その暴れん坊な息子さん、カメラのうつってないところでは、たいへん礼儀正しい人だったらしいよ。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
追記
ウチは、特に不快なことはなく、というか基本的に楽しい取材でした。
(若干の恥ずかしさはあったが!)
そのあたりの詳しい話はコチラに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
追記2
あわせてコチラも。
補足! ウチのマンガノゲンバ
| ちゃぶだいケンタ | 08:40 |
『ちゃぶだいケンタ スペシャル版』は「限定商品」です
島本和彦センセのブログ『島本の感想文』で、『燃えるV』文庫版の発売告知の記事を読んで、うなる。

 
※うっわー、表紙かっこいい。このピンぼけCG処理? 手書き? どっちだろう

発売部数がものすごく(いや本当に)少なめですので(聞いたらびっくりするよ!)
しかも増刷は無い(!!)ですので
発売時からレアもの決定です(笑)。書いてませんが、もうこれは「限定商品」ですよ!!
欲しい方はお早めに購入くだされば…嬉しいです。書店とかからなくなっちゃう前に…でもお近くの本屋さんにあるかどうか…

うーん、うまい! こうやって紹介すればよかったのかー!!

   
| ちゃぶだいケンタ | 16:34 |
言ってみるもんだ
前の記事で、いまだにちゃぶだいケンタの書影が反映されない、と書いたところ、たちまち反映。
偶然なのだろうけれどー。

それにしても、今回、書影が反映遅過ぎ。発売から2ヶ月近く(1、2に関しては約3ヶ月)。

幻冬舎コミックス側の話だと、発売とほぼ同時にデータは渡しているという。確かに他のネット書店では、おおむね2、3日で反映される。ただアマゾンに関しては、中古販売を併設しているということで、幻冬舎コミックスは画像データの反映を認めない、という方針があるなんて話も聞いたことがある。
前者の場合、アマゾンのシステム効率悪過ぎ、だと思うし、後者なら、中古販売併設の問題は、確かにあるけれど、画像データの反映を認めない、というのが、その抗議方法として、効率がいいとは思えない。

ただ今回の一件で、アマゾンに、誰でも勝手に書影をアップできちゃうサービスを発見したので、今後、活用するかもしないかも。
| ちゃぶだいケンタ | 10:34 |
ちゃぶだいケンタ3・4発売
いやー、ずいぶん更新の間が空いてしまいました。
ひさしぶりの連載再開にGW進行、ということもあったのだけれど、それ以上にちょっとしたトラブル(ぜんぜん仕事と無関係)に巻き込まれて、それはそれはもう大変。
まー、あれだね、人生はシンプルなのがいちばんだ♪

さて『ちゃぶだいケンタ スペシャル版』の3、4巻、もう書店さんにならんでるはずです。
まだ手元に見本が届いていないので、なんとも言えませんが。

ちゃぶだいケンタ スペシャル版 3
ちゃぶだいケンタ スペシャル版 4

3、4巻は、1、2巻よりは、かなり読みやすい出来になっております。絵的にもストーリー的にも。たまーに「ちゃぶケンって、初期はよかったけど、後半はねー」という方もいらっしゃいますが、そんなアナタは、間違いなく少数派。なんだかノーメイクを褒められた微妙な気持ちでいっぱいです。3、4巻はフルメイクとはいいませんが、そこそこお出かけモードにはメイク済。女心(?)としては、いちおうメイクしてるときに会ってください、ってなもんで、まあ、要するに1、2巻で「えー……」と絶句した方も、3、4巻も懲りずに買ってみてください、というお願い。

ちなみに、今回のオマケはこんな感じ。
・3巻「帰ってきたちゃぶだいケンタ 第3話」
・4巻「あとがき」
4巻のオマケは、「帰ってきた〜」にしようか、それとも十数年後の後日談にしようか、などと悩んで、実際にシナリオも書いてみたのだけれど、うーん、これがどうも蛇足感満点。「ちゃぶだいケンタ」の最終回って、かなり大団円度が高くてねー、これ以上、あの後に何かを追加するのは、難しかったです。
そこで書いたのが「あとがき」。各シリーズ毎の今だから話せる制作裏話を一挙公開してます。個人的には、漫画のあとがきって、好きなんです。生っぽくて。あとがきを読んだあとに、もう一度本編を読み直すと、また違った味わいになるし。そんなあこがれのあとがきに、どこまで近づけているかわかりませんが、お楽しみに。
| ちゃぶだいケンタ | 14:05 |
ちゃぶだいケンタ発売日?
わーい、今日は、ちゃぶだいケンタスペシャル版の発売日!!

と思いきや、amazonがまだ「近日発売予定/予約可」のママ。
幻冬舎コミックスの公式によると発売が25日だって。
いつなの!? いつ変わったの!?
というわけで、たぶん明日発売です。
今日、本屋さんに行かれた方、まだ店頭にならんでないと思います、ごめんなさい。
ネット書店で注文してた方、ちょっと遅れます、ごめんなさい。

さて気を取り直して、今日はPOPの配布をします。
とりいそぎWEB用の低解像度版を配布。例によって、配布元として、このブログにリンクしといてくれれば、無断複製、無断使用、再配布可なので、もう、バンバンもってってやってください。
で、今回はテキスト部分が入っていないノンテキストバージョンも配布。自由に紹介文やレビューを書いてオリジナルPOPを作成してください。いちおうその場合は、このブログへのリンクに加え、テキストは○○のオリジナルでーす、という文責だけは記載していただければと思います。
あ、そうそう、オリジナルを作った人は、コメント欄でもメールでもいいので、よかったら連絡してください。このブログで紹介します。そんな感じで、よろぴく。

 
※縮小表示中。元データは約300×450です。
コピペなり、ドラッグ&ドロップなり、右クリックなり、お好きな方法で持っていってください。


また店頭に置いてくださるというありがたい書店員の皆様は、幻冬舎コミックスの営業まで、ご連絡ください。ポストカードサイズにちゃんと印刷したものがありますので、早急に送れると思います。(もちろんテキスト入り)
昔の「ちゃぶだいケンタ」の表紙よりは、平積みがしやすい装丁となっていると思うのですが、いかがでしょう(笑)

それにしても、絵柄が違うなー、としみじみ。
後半はまだしも、この1、2巻に収録されているころの絵と、このPOPの絵は、あまりにも違う。だってだって、どう描いたらいいものか、いまさら皆目見当がつかなかったんだもの、昔の絵……orz このPOPの絵柄だと思って買ったちゃぶだい初心者の皆様、ごめんなさい。ほんとに3、4巻はね、ずいぶんこっちの絵に近づくから! ゆるしてちゃぶだい。
| ちゃぶだいケンタ | 12:55 |
ちゃぶだいケンタ ラストスパート
ちゃぶだいケンタ、3月24日発売に向けて、ゲラチェックをしたり、販促用POPを準備したりとラストスパートな先週末でした。
出版関係者なら「他人事で良かった♪」なんて、ちいさな幸せ見つけちゃいそうなデスマーチな進行でしたが、なんとか乗り切りました。ちゃんと出るのでお楽しみに。


※発売前につき、デザインの変更などの可能性もあります。念のためー。

ちなみに「ちゃぶだいケンタ」を読むのは、ちょうど2年ぶりでした。
こちらは2006.3.16に書いたブログより引用。

なんだかなつかしー。
正直な話、ずいぶんと長い間、
読み返せないこともあったんです、ちゃぶだいケンタ。
どうしてもアラばっかり目がいっちゃってさ。
で、先日読んだら、おもしろいじゃん、これ。
まさに「オレの作ったもんはオレのツボをつく!!」状態。
(中略)
絵がアレだとか、話の展開早すぎとか、はあるけれど、大筋悪くないと思う。


おお、ずいぶん自画自賛してるじゃないか、2年前。
ちょうどあれかトイボの第1巻発売直後だねー、これ書いたの。
(実は打ち切り決定直後だったりもするがw)

今回読み直しても、たしかに面白かった、つぼにハマった、笑ったー。
絵の稚拙さも、その稚拙さが生み出すある種の迫力や勢いみたいなものがあるし、一時期は読み直したくないと思っていた連載初期の話や、自分ではあきらかに失敗作だと思っていた話が、意外に完成度高かったり。さらっとしたセリフが思ったより、効いていたり。
ただそれってあくまで

「オレの作ったもんはオレのツボだけをつく!!」


な可能性もあるわけで、なかなか手放しでは喜べない業界6年目。そのあたりをトイボや大トイボから、ウチを読み始めてくれた読者さんが、どう感じるのかが気になります。ま、楽しんでいただければ、それに勝る喜びはないわけですが。なにはともあれ読んでみてちゃぶだい♪

ちゃぶだいケンタ スペシャル版 1
ちゃぶだいケンタ スペシャル版 2

| ちゃぶだいケンタ | 17:20 |
ちゃぶだいケンタ 予約開始
先日お知らせした「ちゃぶだいケンタ」の予約が始まってます。

ちゃぶだいケンタ スペシャル版 1

ちゃぶだいケンタ スペシャル版 2

全4巻の予定で、3月に配本されるのは1、2巻。3、4巻は4月にでます。
値段はちょいとお高くて945円。買ってくれる人、ごめん。もう少し安くならんもんかと、お願いしてみたのだけれど、なにせ例の原油高うんぬんで紙代が高騰しているので、これ以下の価格設定は難しいみたいです。

となれば、仕方あるまい。
微力なれども、少しでも付加価値をつけるべく、描き下ろしました。


ち ゃ ぶ だ い 新 作 !


その名も『帰ってきたちゃぶだいケンタ』です。
えーと、4年ぶり?
あまりページを活用しているので、本編と同じ文量、同じ描き方というわけにはいかないけど、れっきとしたちゃぶだい最新作です。いやさー、もう頭の中がトイボエンジンになってるだろうと、なかなか腰が重たかったんだけどねー、描いてみたら、あーあー、自分たちの出自はここなんだなー、という居心地の良さ。いわゆる里帰りした感じ? まあ里帰りなので、いつまでも実家にいるのわけにもいかないのですが、たまにはいいかー。


※4年前と言えば、長女もこの猫もいなかったわけで、そう考えるとすごい昔の気がする。

さて描き下ろしの内容ですが、今回描いた1、2巻分に関しては、旧6巻のおまけページに収録されていた、没ネタ集からピックアップしてみました。当時これらの作品は、正確には没だったというより、最後までお話を描ききれなかった作品たちです。その辺が、描けるようになったのは、もしかしたらここ4年の成長なのかも。3、4巻に関しては、何を描くかはまだ未定。何かは描くよ。お楽しみにー♪
| ちゃぶだいケンタ | 09:47 |
復活! ちゃぶだいケンタ
じゃじゃん♪
突然ですが、発表です。
(一部で、すでに公表されてたりするけど)

飲んだくれの父と戦い、貧乏と戦い、受験もしないのに学習塾のエリートと戦い、マスコミのやらせと戦い、いじめと戦う、正義と愛の(?)小学生・千石ケンタを描いた『ちゃぶだいケンタ』が復刊します。
やった♪


※ああ、なつかしー。作者の手元にもほとんどありません(笑)

旧版では、全6巻でしたが、今度ぐぐっとまとめて全4巻のスペシャル版として登場。
3月に1、2巻が、4月に3、4巻が発売予定です。
長らく入手困難。どれくらい入手困難だったって、担当のS々木たんが、オークションで落札しなきゃならなかったぐらいに入手困難。あげくの果てには、講談社の営業部門から「(注文来ると困るから)宣伝しないでくれ」とまで言われた幻の作品でしたが、このたび幻冬舎コミックスより、復刊の運びと相成りました。
これもひとえに皆様のおかげ。ありがとうございます♪

と言ってみたものの、まだ詳細がぜんぜんわからんちん。
おまけページとかなんかつけられるのかな?
なにせまだ手元に原稿が戻ってきてないもので、右も左もわかりません。
続報待て、ということで今後ともよろしくー。
| ちゃぶだいケンタ | 01:01 |
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE