難 民 チ ャ ン プ

漫画家うめのサイト。
『大東京トイボックス』とか『南国トムソーヤ』とか『スティーブズ』とか『きょくまん』とか描いてます。
<< ちょっとだけ↑ | main | ビバ☆若者!! >>
近代文学ふいんき語り
文学批評本『日本文学ふいんき語り』が出たですよ! 文豪から「ゲーム化してよ」と依頼がきた、というぶっとんだ設定。麻野“弟切草”一哉氏、飯田“巨人のドシン”和敏氏、米光“ぷよぷよ”一成氏が、夏目漱石『こころ』を鬼畜恋愛シミュレーションにしちゃってます。す、すげー。すべてのゲームファンにおすすめ!(モーニング2号より)




文学“批評”本、という呼び方は、なんかとてもそぐわなかったかも。堅すぎというか、なんか違う。近代文学入門本、文学座談会本、いやいや、もっとくだけた感じで、文学で力いっぱい遊んでます本、とかしたかったのだけれど、字数制限があって、一文字でも削りたくって、と思ったら、結構余白があるー!! がっくし。
なんてことはさておいて、このごろ、寝る前にPSPで青空文庫の『こころ』を読んでます。『日本文学ふいんき語り』が、いい感じに文学を教科書から引きずり降ろしてくれたおかげで、とても楽しく読める読める。
近代文学を読んだのではなく、読まされちゃったすべての人におすすめ!
(あ、近況欄では『すべてのゲームファンにおすすめ!』って書いてある……)

※ちなみに欄外の脚注がとても楽しくて好き♪

参考リンク
日本文学ふいんき語り担当編集さんブログ
| うめ便RE-MIX | 18:56 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.chabudai.com/trackback/403814
トラックバック
東京トイボックスLv.5
ライバル役(?)のくせっけちゃん(一流企業のカリスマゲームプロデューサー) につづき、 大ボス(大手ゲーム会社の専務)、 ひとくせある大人キャラ(主人公と敵の間をつなぐ役) と、役者がそろってきて・・・ なんか毎回山場ってかんじな 東京トイボックスですが
| Alternative engine | 2005/12/09 12:52 AM |
『日本文学ふいんき語り』は「東京トイボックス」を応援します
な、なんだってー! 昨日発売の、「週刊モーニング」にも『日本文学ふいんき語り』登場ですよ! ページを開くと、 巻頭カラーの「サイボーグ島耕作」に一瞬気を失いそうになる
| 日本文学ふいんき語り | 2005/12/09 1:01 AM |
『日本文学ふいんき語り』感想リンク集
『日本文学ふいんき語り』の感想を書いてくれたサイトのリンク集。 ■杉江松恋のチミの犠牲はムダにしない!:第7回 書評家の杉江松恋さんの評。 極端に言ってしまえば、作者たちの結論なんて別にどうでもいい たはー、そのとおりです! ■hotgasの覚え書き:2
| こどものもうそうblog | 2006/01/04 2:40 AM |
日本文学ふいんき語り
麻野 一哉, 飯田 和敏, 米光 一成 日本文学ふいんき語り ★★★☆ 「あの有名な文学作品を、もしゲームにしたらどうなる?」 そんなテーマで、現代の有名ゲーム作家3人がいろいろな名作・ベストセラー本を肴に語り合っているのが本書。ゲーム化しよう、という名
| ほんのにちようび | 2006/01/29 2:46 AM |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE