難 民 チ ャ ン プ

漫画家うめのサイト。
『大東京トイボックス』とか『南国トムソーヤ』とか『スティーブズ』とか『きょくまん』とか描いてます。
<< コルシカ騒動 | main | 大東京トイボックス 第29話『キャロットなう』 >>
漫画家はなぜ先生と呼ばれるのか
サイドバーを整理して、リンクにごはん友達の漫画家・青木幸子さんのブログ「うろうろゆらゆら」を追加。まー、とにかくおいしそうな写真がたくさん出てくるブログなので、食いしん坊は、ぜひ。いろいろな現場を渡り歩いているベテランアシスタントたちが「まかないがいちばんおいしい現場」と口を揃えてます。
ブリの70センチほどのいい半身が手に入って照り焼きをつくろうと思うが切り身にするのが面倒くさい。40センチほど切った身をまるごとグリルパンで皮から焼く。
それもう、まかないじゃないから! 青木さんちの子になるヨ!


しばらく前の青木さんのブログに「先生」という記事がありました。
「先生」と、漫画家に転職してからたまに呼ばれる事がある。
いまどきは、漫画家に対して、名前にさんづけ、という編集さんが多いです。でもまれに「先生」と呼ばれることがあって、たしかにそのときには、ある種の居心地の悪さを感じます。ただこんな場合もあるみたいで、モーニングの先々代の編集長が言ってたのは
「パーティで、一度や二度会っただけじゃ、漫画家だってことは覚えていられても、名前なんていちいち覚えてられない。だから『先生』っていっときゃカドが立たないんですよ」
ナイス大人力。これも大人語なんだな、と思えば、「ハイハイ」と愛想のひとつも振りまけるってもんです。
ちなみに何人かのアシスタントに聞いたところ、職場によっては、漫画家を「先生」と呼んでいる職場もあるみたい。ただ印象としては限りなく「センセ」に近くて、それはようするにあだ名?

ちなみに小説家の長嶋有さんにこの話をしたところ「小説家はねえ、昔はほんとに『学校の先生』だったからね、夏目漱石とか森鴎外とか。そのときの名残」と教えてくれました。へー。
| 世間話 | 02:24 |
コメント
長い年月掛けて面白いものを書いてくださるし、尊敬の念をこめて漫画家の方に「先生」は使いますよ。
そんなに嫌がらないでくださいな

これからもよろしくお願いします
| てってけ | 2009/10/30 11:08 PM |
編集さんでしょうか? 
わざわざコメントありがとうございます。
こんなことを書きつつも、実際「藤子(F)センセ!!」とお声かけさせていただいたこともあります。ちばセンセにも。尊敬とか畏敬とかそんな感じで恐れ多くて「さん」では声かけられません。

>そんなに嫌がらないでくださいな
この居心地の悪さは、きっと「照れ」をこじらせたという部分もたぶんにあると思います。苦手だけれど嫌がってはないので、お気になさらず!
| うめ | 2009/10/31 9:20 AM |
ブログご紹介どうもー。大人力ないっすー。
相手の立場を受け止める大人力ある人は素敵ですが
私はやはり基本構造がアウトドアヒッキーなのでしょう。
名前なんか覚えてないのは覚えてないでいいですよー。そこから話始めませんかあ。
覚えてるフリは会話が難しくなるからー(この辺が本音)。

藤子先生やちば先生は先生ですね!間違い無し!
| アオキ | 2009/11/04 10:03 AM |
士農工商的な意味合いで
とりあえず地位的に上にしとけば文句も出ないだろ、
といった感じで透けて見えるので好きじゃないですね。
業界内で上下関係がある場合は先生という表現は
ピッタリくるでしょうけれども。

本人が尊敬される存在であれば自然と先生という言葉も出てくるでしょう。
| | 2009/11/04 9:05 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2016/07/20 4:09 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.chabudai.com/trackback/895136
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE