難 民 チ ャ ン プ

漫画家うめのサイト。
『大東京トイボックス』とか『南国トムソーヤ』とか『スティーブズ』とか『きょくまん』とか描いてます。
<< 日本初? kindleで日本語漫画を出してみよう企画 | main | kindle・iPad比較 >>
kindleで日本語マンガを! 技術編その1
たくさんの反響ありがとうございます。
そして人身御供のようにご購入いただいたみなさん、ありがとうございます。

現在、さらなる質の向上に向けて、試行錯誤の最中です。
この悪だくみ計画をいっしょにしてくれてるおともだちでエンジニアのma2さんからのメールを転載。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今のところ分かっていることをまとめました。
これが全て正しい保証はありません。

1) 概論
画像はDTP側が自動的にフォーマット変換(入稿フォーマットからkindle形式へ)する。このときサイズが大きすぎたり,kindleのスペックにあわない(カラーのデータ等)場合には,画像そのものがDTP側で再変換される。再変換で何が行われるかははっきりしないが,少なくとも画像の容量が大きすぎた場合には,JPEGスタイルの再圧縮が行われる可能性がある。このとき想定しない劣化が起きるので,DTP側で変換されないデータでアップロードするのが一番無難ということになる。ちなみにDTPの要求は画像1つあたり「450x550ドット以下64KB以下」である。
一般的なKindle bookとDTPで売られる本は,例えば70%印税オプションがDTPにはない(ように見える)など,同一ではない。フォーマットにも差異がある(DX最適版の指定不可など)のかもしれない。調査中。

2) 解像度
Kindle DXの場合は画像のサイズは「744x1022」である。これをDTPに指定する方法があるのかは調査中。Kindle bookには「大型スクリーンに最適化されたバージョンをダウンロード」というリンクが存在するが,DTPでも対応しているのかどうかは現状では不明。

3) 色
カラーは使えない。16階調のグレースケールが利用可能。

4) コミック原稿の変換
a) JPEG
JPEGは圧縮率を設定することができるので,「64kb」ルールにおさめることも容易。ただし非可逆圧縮なので画像が劣化する。とくにJPEG入稿して,DTP側で再変換が起きると画像の劣化は大きいと予想される。JPEGを使うなら解像度とサイズをDTPルールに合わせておくことが望ましい。
b)PNG
元原稿がグレースケールの場合,網点データに変換してからPNGにする。PNGは可逆圧縮であり,圧縮による画像の劣化がないのが最大の特徴。ただし64kbを越えてしまった場合に対応が難しい。グラフやチャートには最適。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

そんなわけで、現在の課題は、画像の最適化です。
ここをもうちょっとなんとかすれば、見やすいものが作れる気がします。
ただ気になるのは、Photoshop上でkindle最適にリサイズしたものより、現在アップされているもののほうが、高画質な気がする件。特に文字まわりが。
今回はTiff形式で画像をアップしたのだけれど、どうやら正式にはTiff形式はサポートしていないという話も。
ああ、AmazonDTPサイドのリサイズの詳細が知りたい。


最適な方法が見つかったら、データ原稿をKindle形式に最適化するPhotoshopのアクションも公開する予定です。しばし、お待ちを&ご助力を!
| マンガのけもの道 | 00:25 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.chabudai.com/trackback/912462
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE