難 民 チ ャ ン プ

漫画家うめのサイト。
『大東京トイボックス』とか『南国トムソーヤ』とか『スティーブズ』とか『きょくまん』とか描いてます。
<< 東京トイボックスKindle版の140字じゃ書けない話 -2-『KDPの値付けのヒミツ 前編』 | main |
東京トイボックスKindle版の140字じゃ書けない話 -3-『KDPの値付けの秘密 後編』
さて後編。


前回、100円か、250円か、どっち? なんて話を書きました。

でも、まー、正直わからんよねー、というのが結論だったりします。

(あ、トイボはね、もう少し巻数が長かったら、たぶん1巻は100円にしてたかも。巻数が多ければ、100円で継続購入率が下がっても、回収しやすいから)


日本では、本は値引きされず、定価のまま売られるのが普通。

まだまだ「本の値段を変える」というのは、日本の出版界では始まったばかりの試みです。

そう簡単には結論なんて出やしません。

(まあだからおもしろいんだけどね)


パッと思いつくだけでも、全巻100円にしたら/1巻100円、2巻200円、3巻300円とスライド制にしたら/2巻の方を安くしたら/いっそ数冊を1冊にまとめて売ったらとかとかとか、試せそうなことはまだまだあります。(誰か試したら教えて!)



とはいえ、値下げするというのは、まあ電書の鉄則と言っていいでしょう。


「そんなの当たり前じゃん」と思われるかもですが、

あくまでポイントは「定価250円じゃない」という点。


質が同じなら、より安いものが欲しい、という心理は、誰しもよくわかると思います。

ただここでいう値下げは、

同じ250円なら、定価250円より、定価400円の150円オフのほうがお得に感じる、

という、たいくつなタイムセール心理の話ではありません。



そのキモは「告知のチャンスを増やす」ということ。


「もうすぐセールを終わらせて、元の値段に戻します」

「〇〇記念で、セールをします」

こういう形で本を紹介するタイミングを作ること。このこと自体が目的です。


電書とはいえ、本は本。

紙本と同じように、発売直後がもっとも売れて、だんだん売れ行きは下がっていきます。

事実、東京トイボックスも発売から2週間を過ぎると、

さすがにランキングがすこし下がってきました。

これを少しでも食い止めるために、必要なのが告知です。

(ランキングの上の方にいると、それ自体が宣伝になって、さらに買ってくれる人がいる)


これ実は、スマートフォンのアプリなんかだと、わりとポピュラーな宣伝方法だそうです。

中には、105円で採算が取れるものに、あえて210円の値段をつけて、

こまめなセールをするという方法をとっているアプリなんかもあるとか。


実際、ついさきほど「今夜0時で発売記念セール終わりだよー」と告知してところ、

またまとまった数買っていただきました。ランキングもちょっこしあがったりします。

(11位→6位)

注:人柱の方々の数字は入る前の順位です。その節はありがとでした!


 


もちろん黙っていても、いろいろなメディアが取り上げてくれる人気作なら、

放っておいてもいいのだけど、みんながみんなそういうわけじゃありません。

自分自身で告知できるチャンス、を持っておく、というのは、

セルフパブリッシングでは、すんごく大切なことです。

| 電子書籍 | 16:52 |
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
LINKS
PROFILE